長崎を拠点に活動している劇団RAWWORKSです

ブログ/2017-07-04

Top / ブログ / 2017-07-04

「井戸の茶碗」リメイク

古典落語を二人芝居にして上演するシリーズの三作目「井戸の茶碗」稽古日。

以前、渡邉享介さんと創った芝居をリメイクしていて、
今回は中野俊太郎君が相手役。

最近まで自身が座長を務める劇団の本番だった俊太郎くん、
時代物の台詞廻しを頑張ってくれてる。

からの、まちなか劇場の取材。
(まちなか劇場の概要については文章の最後に書いてます)

まだまだ取材は続くよどこまでも。

まちの時間に、
ひとの時間に接する面白さ。

まちなか劇場とは…
長崎市の中心街:浜の町商店街にあるお店の中から毎年3店舗にご協力いただいて、
そのお店の歴史や店主の思いを取材させて貰い、その取材内容を演劇に仕立てて、
そのお店の店頭で上演する企画です。
昨年は、菊一文字さん、石丸文行堂さん、梅月堂さんにご協力いただきました。



コメント


認証コード(5890)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional