長崎を拠点に活動している劇団RAWWORKSです

ブログ/2017-10-11

Top / ブログ / 2017-10-11

大正から戦後まで

難関だった新作短編もどうにか書きあがり、
書いてみれば、ナカナカ良い本が書けたと思う。

大正時代を背景にしたこの新作の為に、
このところずっと大正時代のことを調べていましたが、
どうにかこうにか落としどころが見つかったように思います。

そうして今日も劇場に篭って、まちなか劇場、稽古。

今日は演奏出演していただくヴァイオリニスト:中西弾さんに来ていただく日。
弾さんには、あの世からお迎えが来る音、とか、
愛が欲しい、とかナントカ無茶なオーダーをしていますが、
どんな音が聞こえてくるのか楽しみ。

演出に関しては、自分を戒め戒め。
無意識に舞台機構を使った演出、照明やセットや何やらを使った演出を
前提にしてしまう。

原点に帰る。

役者が居てお客さんが居る。
それだけで美しい舞台をつくる。

つくる。



コメント


認証コード(6989)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional