長崎を拠点に活動している劇団RAWWORKSです

始末シリーズ

始末_4

渡邉享介と川内清通「井戸の茶碗」

  • 脚色、演出:川内清通
  • 出演:渡邉享介(NK3DreamPro)、川内清通(劇団RAWWORKS)
  • 日程:2016年1月15日(金)
  • 会場:諫早独楽劇場


長崎の赤飯

渡邉享介と川内清通「長崎の赤飯」

  • 作:井原西鶴
  • 脚色、演出:川内清通
  • 出演:渡邉享介(劇団ヒロシ軍)、川内清通(劇団RAWWORKS)

■大村公演(終了しました)

・日時:2014年1月15日(水)19:30開演
・会場:喫茶と手作りお菓子シエスタ(大村市竹松本町682)


大きな地図で見る
  • あらすじ
    時は寛政。日本橋金吹町で質両替商を営む金田屋金左衛門は、数年前に勘当した息子:金治郎のことが気がかりだった。
    そんな折、金左衛門は金治郎が婿養子になったという話を聴く。
    金治郎が暮らしているのは、江戸から350里離れた異邦の地、長崎。
    金左衛門は、金治郎を江戸に呼び戻すため、「父、危篤」と手紙を出したのだが・・・
    劇団ヒロシ軍の渡邉享介と、川内清通が初めてタッグを組んで挑むのは古典落語を2人芝居に書き換えた異色作。
    一人六役・照明ナシ・音響は拍子木一つ。
    ベタベタコメディでザッツ・エンターテイメント。
    さぁお祭りのはじまりはじまり。


浜野矩随

荒木宏志 と 川内清通 二人芝居 「浜野矩随」

■脚色、演出:川内清通
■出演:荒木宏志(劇団ヒロシ軍)、川内清通(劇団RAWWORKS)

■照明:北野よしみ(劇団ヒロシ軍)
■制作:蒔田尚美(F's Company)
■協力:田村三穂、枡田尚子(NDR)

■あらすじ
寛政の年度。江戸にその名を馳せた腰元彫りの名人:浜野矩康がこの世を去って三年が経った。
家督を継いだ矩康の息子:矩随。これが泣かず飛ばずの不器用な職人で、出入りしていた骨董屋も
一人去り、二人去り、今では殆んどの骨董屋が相手にしなくなっていた。
懸命に仕事に打ち込む矩随だったが、遂に最後まで面倒をみてくれた若狭屋にも見切りをつけられる。
追い込まれた矩随はある決意をする。
そしてその母もまた心中で、ある決意をしていた。

飛ぶ鳥も落とす勢いの劇団ヒロシ軍代表:荒木宏志と川内清通が始めてタッグを組む。
演目は落語の名作:浜野矩随を芝居に書き換えた二人芝居。
初秋に舞い降りる灼熱の舞台をどうぞお見逃しなく。

■チケット/前売1,500円(当日2,000円)
■お問合せ/メール:mail@rawworks.info 電話:080-4286-4017(制作直通)
■主催/劇団RAWWORKS

■長崎公演
・日程/2013年10月1日(火)~3日(木)
・時間/開場19:40、開演20:00(上演時間は60分程度)
・会場/宝町ポケットシアター【長崎県長崎市宝町5-25-2F】

■諫早公演
・日程/2013年11月26日(火)~28日(木)
・時間/開場19:40、開演20:00(上演時間は60分程度)
・会場/諫早 独楽劇場【長崎県諫早市八天町15-4】


大きな地図で見る

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional